ZWEI VOLTAGE

三国志大戦同人サークル「ZWEI VOLTAGE」のブログサイト(仮)

三国志大戦・戦国大戦

C92にサークル参加いたします

8/11(金)のコミックマーケット92にサークル参加いたします。
スペースNo.東ノ13b。5ホールと6ホールのほぼ間。

3年半ぶり2回目のお誕生日席をいただく事ができました。
大変ありがたいです。
大戦4稼働で大戦サークルがちょっと増えてきたところなのに
ウチがここでいいんだろうか、って気がしないでもないですが。

その大戦スペースは通路と柱で分断されてしまっている模様。
C92_01C92_02


毎回ロクに更新しなかったWebカタログ。
ウチをお気に入り登録してくれているユーザーの数が
前より増えててありがたい…と同時に
pixivのイベント情報よりも
こっちをしっかり更新すべきなのかなと今更ながら思いました。
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/13317350

頒布物は7月の交地と変わりませんが
よろしくお願いいたします。

伺か張姫&敬哀皇后デスクトップマスコット

張姫&敬哀皇后デスクトップマスコットを公開しました。
こちらからDLしてください。
http://zv.sakuraweb.com/sanssp/keiai_san.nar

導入にはSSP本体が必要です。
初めての方はこちらからフルセット版をDLしてください。
http://ssp.shillest.net/

その他解説はこちらを参照。
『伺か』を始めてみたい人のための簡易リンク集
https://togetter.com/li/706106

pixivに投稿した仕様解説書↓


pixiv見れない方用↓
1.keiai_san_SSP_012.keiai_san_SSP_02
3.keiai_san_SSP_034.keiai_san_SSP_04


「張姫&敬哀皇后」と書いてますが、メインは敬哀さんです。
これは、2010年頃にpixivに投稿していた
「今日の敬哀さん」シリーズのユルい敬哀さん↓

(個人的に「たれ敬哀」と呼んでました)を
デスクトップマスコットにしようと思い立ったところから
計画がスタートしたため。

その後、このユルい敬哀さんではない
普通の敬哀さんがトークする仕様に変わりましたが、
敬哀さんは固定、張姫は表示のON・OFF切り替えが可能という仕様は
そのまま残りました。
インストールすると名前が「敬哀さんと張姫さん」になるのもその名残。

これよりも前にオリジナルでデスクトップマスコットを作っていたので
それをベースにして張姫&敬哀皇后自体はわりとすんなり作れましたが、
せっかくなのでSSPでどこまでできるかに挑戦してみたくなり
士気ゲージを搭載する事に。

最初の頃はオプションに「君主勢力」というものがあり
蜀以外を選択すると最大士気が9になる、という仕様でした。
でもたいして意味ないうえに無駄に処理が面倒になるので廃止に。

2キャラ分の枠を使っていたり、カウントのために毎秒コマンドを発生させたり、と
もしかすると邪道?みたいな仕組みになっちゃってるかもしれませんが、
そのぶん良い感じに仕上がったんじゃないかと思います。


というわけで、実は2011年頃からこっそり少しずつ作っていました。
しかし肝心の立ち絵になかなか着手できず結局そのまま4年近く放置、
このたび6年経ってようやくの完成・公開と相成りました。

その間に三国志大戦3は終了し、さらに4が稼働してしまいましたが
トーク内容は3がベースになっています。
まあ、この2人に4ベースのトークをさせようとしても限界がありますので…。


とりあえずここまでで十分満足のいく形にはなったので
今後の大幅なアップデート等は特に考えていません。
大戦4の状況に応じて簡単なトークを増やす、くらいの更新はするかも。

グラフィックは立ち絵+表情差分だけだしトークもそんなに多くないですが、
士気ゲージ周りはアーケードをプレイされている方なら
ちょっとは面白いかもしれないので、ぜひ触ってみていただけたらと思います。

大戦4稼働開始と今後の活動

三国志大戦4が稼働して早3ヶ月半、皆様いかがお過ごしでしょうか。

稼働2ヶ月は100枚中3枚というSRの引きの悪さも手伝って
デッキ組めない、モチベーション上がらない、な悪循環状態でしたが、
最近になってやっといくつかデッキ試せるくらいにはなってきました
(それでもSRまだ9枚しか持ってないけど)。

傾国動画も投稿してみました(限定公開)。
大戦3で三品止まりだった腕なので大した内容でもありませんが。

張姫敬哀の暇つぶし01【6枚群単傾国】


張姫敬哀の暇つぶし02【6枚群単傾国】



とはいえ、張姫も敬哀皇后も大流星もない環境では
やはり本腰入れる気になれないので、まだしばらくは様子見になりそうです。


2017年のZWEI VOLTAGEの活動について

私が三国志大戦同人を初めて出したのが2007年10月、
つまり今年で10年。出した張姫敬哀本はオフセ・コピー合計で12冊。

10周年記念として出したいと考えているのが
張姉妹の恋病 Vol.2」。

「恋病」シリーズは今のところVol.1、1.1、1.2、1.3と出てますが
小数点ナンバリングは「番外編」という位置付けです。
ACとTCGの張姫・敬哀皇后・夏侯月姫が勢揃いして
三国志大戦についてトークする内容。

対して整数ナンバリングが姉妹百合本としての「本編」です。
2012年5月に出したVol.1でAC張姫と救護敬哀は無事結ばれましたが
それから5年近く続編が出せていない…。
ストーリー自体はできてるけど最後の締め部分が固まってないので
これをいい加減今年中になんとかしたい。


そして「張姉妹の恋病 Vol.0」。

百合を描き始めてまだ日も浅いので
アレコレ語るのもおこがましいかとは思いますが、
やはり女の子2人並べて「はい、百合できあがり」とは
いかないわけで。姉妹ならなおさら障壁は大きい。

…という考えがあったので
Vol.1は張姫が告白するところから描いたのですが、さらによく考えると
そこに至った「心境の変化」の描写がまだ足りないな、と。
なのでVol.0はその「心境の変化」を
2人の幼少時代から描けたらいいなと思っております。


というわけで、大戦4に張姫・敬哀が出ても
「張姉妹の恋病」の張姫・敬哀は大戦3のまま変わりません。
TCGキャラのように番外編のみ登場するポジションになると思います。


筆が遅いので上記の計画をどれだけ実行に移せるか分かりませんが
今年も変わらず張姫・敬哀サークルで活動していく予定です
(まだ見ぬ大戦4の張姫・敬哀に想いを馳せながら)。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2016年活動予定

大変遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。

去年は三国志大戦10周年という名目で
11月の交地で敬哀皇后TCGラバープレイマット、
12月の冬コミで敬哀張姫ICカードステッカー、と
同人活動13年目にして初めてグッズ製作に挑戦できました。


そして今年はまず、3月13日の三国志大戦オンリー「英傑超号令」に
サークル参加いたします。スペースNo.18。
当日頒布予定の百合アンソロジーに周姫×孫氏で描いてます。

せっかくの大戦オンリーだし何かやりたいよね、という事で
たこわさ主義様と共に、恐れ多くも
主催に名を連ねさせていただいたこの百合アンソロジー企画ですが、
久しぶりの漫画制作に実力がついてこず
かなり背景白い申し訳ない出来になってしまいました…。

でも私以外の6名の作品によって本自体は大変魅力的に
仕上がってるはずですので当日、ぜひご覧になってみてください。


その他頒布物は冬コミと同様です。


5月の交地には張姫敬哀本新刊を予定しております。


なお次の夏コミは申し込んでないので不参加です。
冬コミは大戦新作情報の様子を見て考えます。

交地が終わったら、完売したコピー本のダウンロード販売と
グッズの通販も開始したいと思っております。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


「TCGの共宴2015in東京」お疲れ様でした

二度寝してしまって9時半に会場着。
家から30分で行ける蒲田の会場で助かりました。

当初はサイン会整理券目当てで物販の始まる9時より前、
8時半くらいには向かおうかと思ってましたが
北岡Pのツイートで7時40分頃に整理券は終了したとのアナウンス。

始発で行ったら余裕だったという話ですが、コミケじゃあるまいし
風間雷太氏のサイン会とはいえそこまでする気力はなかった。
というか先着50名という時点で最初から若干諦めてた。

「サインはカードか画集のみ、名前とセットで」という
あくまで三国志大戦TCGユーザー向け、かつ転売防止の措置は
良かったと思いましたが、Pも物販の混雑を反省点に挙げていたので
次回以降改善していってもらいたいところです。


デッキは相変わらず大流星ですが、こちらの記事で書いた通り
構成を大幅に変更して連弩デッキとの折衷に。

大流星の儀式は国力6枚以上あると手札から
自陣に置けなくなってしまうので、これまでは
5ターン以内に手札に大流星を引かなければなりませんでした。

しかし、捨札に落として10弾R趙姫で回収する事で
国力が何枚でも置けるようになったので、
「10ターン以内に大流星を捨札に置き、趙姫を引く」という
大幅にゆるい条件で戦えるようになりました。

また、攻撃勝利+特殊ダメージで2:1の相打ちにもっていって
アドバンテージを稼ぐ連弩と大流星を組み合わせる事で
攻城を考える必要がなくなるため、
攻撃は最大の防御、的な考えで全力で相打ちを狙っていけます。
前回までの「能動的に殴りにいけない」問題も改善。

宴の前にドロー兵隊が禁止となったので
若干、大流星を捨札に落としにくくはなりましたが
環境が遅くなれば大流星デッキには追い風です。


午前の登竜門。

1回戦、vs.群雄デッキ。
相手の方は始めたばかりだと言っていたものの
しっかりリカクシコンボ決めてきたりで序盤は若干焦りもしましたが、
SR魯粛→転生陸遜→文鴦→7コス孫策まで揃ったあとは
無難に進められました。久々の公式戦勝利。

2回戦、vs.魏デッキ。
例の13弾R曹仁と「奸雄の兵法」のヤツ。6ターンで負けた。

相手が転生「武皇帝の戯れ」
(女性国力3枚時に2ドロー+敵3コス以下1体を手札に戻す)を
使った時、こちらには11弾徐夫人
(敵効果でドローしたとき1500特殊ダメージ)がいたのだけど、
徐夫人を戻す効果を先に解決すれば
特殊ダメージは発生しない、という事にして進行。

あれは結局どうだったんだろうとちょっと思ったけど
たぶんどっちにしろ負けてた。


寝坊でちょっと走ったのと2連戦の疲れで
あまり百人組手やる気が起きず。

人がいなくなるのを待ってから物販行きましたが
ちゃんと風間雷太画集は買えました。
その横でサイン会してるナマ雷太氏も見れました。
前から少し欲しかったトートバッグと合わせて4200円、
PR王異2枚ゲット。

フードコートで1000円毎にPR郭王姫1枚、という事で
メガ盛り炒飯と団子で1200円。
炒飯はおいしかったけど普段少食な自分にメガ盛りはキツかった。


眠気に襲われながら午後の登竜門へ。

1回戦、vs.魏デッキ。
例のデッキではなくおそらく司馬伏兵。

国力10枚、手札に趙姫が揃ったにも関わらず
大流星を捨札に落とせない痛恨の展開。

ドロー兵隊禁止以降は青龍の導きで大流星を捨てるのが
定番の流れになっていたけど、
この試合では3枚積んでる青龍の導きが1枚も出ず。
迎撃宣言時に手札1枚捨てて2ドローできる12弾SR孫権を
序盤に国力にしてしまっていたのもミス。

城壁から落ちるのを期待してイチかバチか全部割らせるも出ず、
時間切れで敗北。たぶん一番悔しい負け方。


天下の奇才(R以下限定)用デッキも一応持ってたので
余裕があったら参加してもよかったのですが、
眠気と腹痛に耐えかねてほっけ氏の健闘を祈りつつ帰宅。


正直、現在の大流星デッキはいいとこイケる構成になってると
自分では思っているので(あとは立ち回りの改善)、
しばらくはパーツを入れ替えながら…のつもりですが
14弾の呉のコンセプトがイマイチ噛み合わなそうでちょっと不安。

しかしついに2枚目の敬哀皇后が参戦という事で
大流星と関係ないところでテンション上がりまくりです。


奥義は今回使いませんでしたが、対戦相手はみんな使ってたし
「あ、奥義ないんですね」と驚かれたりもしました。

みんな自陣配備時効果封じを使ってきてたけど
ウチのデッキにはそれほど刺さらないので
今のところ奥義の脅威はあまり感じてないのですが…どうなんだろう。
14弾で選択肢だいぶ増えそうなので様子見つつ検討します。

東京の次の公式イベントはいつかな。


夏コミお疲れ様でした

遅くなりましたがコミックマーケット88お疲れ様でした。
三国志大戦サークルの少なさと顔見知り比率はさながら交地のよう。

以前なら、多くの人に見てもらうにはコミケが一番手っ取り早かったけど
今じゃもう交地の方がよっぽど三国志目当ての人来ます。

今後も交地は基本的に全部参加していくつもりですが
コミケについてはその都度検討して決めたいと思います。
とりあえず冬コミは申し込みました。


そして肝心の敬哀皇后プレイマット。
やはり素材がフェルトじゃラバーマット代わりにはならなかった…
薄いし毛羽立つのでTCGにはたぶん向かないかも。

まあ、あくまで商品名は「ゲームマット」ですからね。
印刷はものすごい綺麗に出ていて驚きました。

デザインは修正して次回交地に出しますが、
プレイマット自作の定番「白無地マット+アイロンプリント」等で
公式仕様に近いものを作れないものかとアレコレ検討中です。

公式のプレイマットの値段を2500円と勘違いしてて
2000円に設定してましたが、実は公式が2000円だったので
なんとかそれより下げて1500~1800円程度にしたい。

さらにそれ以外でも何か、交地合わせで出せるといいのですが…。


コミックマーケット88のお知らせと今後の予定

8月14日、コミックマーケット88にサークル参加いたします。
スペースNo.X33b、(相変わらずの)三国志大戦ジャンル。

頒布物はpixivにも記載しております通り
5月交地の新刊「張姉妹の恋病 Vol.1.2」と既刊各種、
そしてZWEI VOLTAGE初のグッズ、敬哀皇后プレイマットとなります。



プレイマットはポプルス社の「ゲームマット」で製作しておりますが、
実物を見た事がないため仕上がりがどうなるかよく分からなかったうえに
サークル名入れ忘れてたりとかデザイン的にも色々とアレなので
今回はあくまでサンプル展示として、希望者(もしいればですがw)に
後日正式版をお渡しする形にしようと考えております。

というか、いきなり何枚も刷れる値段ではないので、
デザイン的に問題なかったとしてもこういう形にしていたかと思いますが。


また、残り部数の少ないコピー本については
(需要はともかく)今後BOOTH等でのダウンロード販売を検討しております。

コピー本で3巻発行した「あたしが張春華だ!」シリーズは
本来メインの「あたしが張姫だ!」シリーズよりも部数が出ていたため
かなり長いこと増刷を繰り返しつつ頒布しておりましたが、
利用していた印刷屋さんも閉店してしまったので
古いコピー本はこれ以上増刷せず
無くなり次第ダウンロード販売に切り替える予定です。


今年は三国志大戦10周年という事で
11月の交地や来年3月の三国志大戦オンリーにも
出来る限り新規頒布物を用意できるよう頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

TCGの宴 2015in東京と大流星デッキについてのアレコレ

ものすごく遅くなりましたが「TCGの宴 2015in東京」お疲れ様でした。

今回も大流星デッキで参加しましたが
登竜門2回(午前・午後)と百人組手3回の計5戦で全敗w

去年は奇跡的に登竜門1回戦突破を果たせただけに
今回0勝は結構ヘコみました
(もちろん当時と環境は大きく変わっていますけども)。

スリーブ人気投票は敬哀さんとANV大喬に入れましたが
ANV大喬がまさかの2位入賞。
クジ抽選という販売方法にはいささか疑問が残ったものの
残り分のフリー販売で無事、夏侯月姫と大喬をゲットできました。


身内対戦はよくやってますが店舗大会等は出てないので、
なんとなくSR曹丕がヤバイという話だけは聞こえてきてましたが
登竜門と百人組手で1回ずつ対戦してそれを目の当たりにさせられました。
あれ大流星でどうやって勝てばええの。

最近、3積みの大喬が出なくてそのまま青5で大流星落とす事が多かったので
思い切って大喬外そうかと考えてましたが、
百人組手で初めて国力ブーストと当たったとき
裏国力を何枚も置かされてしまったので
やはり大喬は入れなければいけないなと思ったり。

あと、まだ当たった事はないけど
相手デッキに置き計略除去能力を持った武将が入ってたときのために
国力6枚以上でも大流星が置ける9弾小喬か10弾趙姫も保険として必要。
終盤にしか仕事しない、しかも状況次第では出なくても問題ない1コスを
保険に複数積まないといけないのが辛いところ。

ドローソースとして江東の二喬も入れてますが
登竜門の試合で1ターン目に江東の二喬使って山札3枚公開したら
大喬、快進撃孫策、大流星の儀式でウワアアアアアってなった。
デッキがバレてる身内対戦ならともかく、初めて戦う相手には
大流星はギリギリ5ターンまで隠すようにしているので。

理由は、1ターン目から大流星デッキだとバレるのと
半分の5ターンまで国力溜めてからバレるのでは
相手の動き方が全然変わってくるから。
城壁から出たら2ドローおいしいです(^q^)と言いながら泣く。


大流星デッキはググってもあまり出てこないので
ついでにレシピを晒してみたり。需要はなさそうですが。
-----------------------------------------------------------
1コス 7枚
1R呉夫人:1、5R呉国太:1、7UC小虎:1、9SR小喬:1、ANV大喬:3
2コス 6枚
1C呂範:1、5UC諸葛瑾:1、6R趙姫:1、10UC朱然:1、
11SR袁姫:1、PR歩夫人:1
3コス 9枚
5R陸遜:1、4C歩隲:1、4UC朱治:1、7UC吾粲:2、2C蒋欽:1、
5UC凌統:2、9R孫桓:1
4コス 7枚
5R賀斉:2、7UC朱桓:1、1C黄蓋:1、5SR孫尚香:1、6SR周瑜:2
5コス 7枚
5UC徐盛:1、SP孫皎:1、5R孫権:2、5SR周泰:3
6コス 5枚
9PT周瑜:1、6PT孫策:3、7PT太史慈:1
兵隊 7枚
3C呉女官:3、9C火矢隊:4

計略
水際の戦い:1、攻勢遮断:2、約束の援兵(転生):1、
最後の一撃:2、大流星の儀式:4、江東の二喬:2

武将カード48枚、計略カード12枚、計60枚
-----------------------------------------------------------

宴前は結構いけるんじゃないかと思ってたし実際勝ててたけど、
終わってみたら激しい「これじゃダメだ」感。

目の前で疲弊を晒す溜め武将やSR曹丕を能動的に殴りにいけない、など
色々と問題が見えたので、大きく作り直す事になりそうです。

三国志大戦のおもひで、大戦2時代

2015年1月16日にネットワークサービスが終了した三国志大戦。
これほどやり込んだゲームは他にありません。
間違いなく人生を変えられた作品でした。

記憶の限り思い出を語っていきたいと思います。


初プレイは2006年11月頃、Ver.2.0。
三国志には全然詳しくなかったけど友人のプレイを見て
面白そうだな、と手を出したのが全ての元凶始まり。
C夏侯月姫の魅力にやられ蜀の民に。

初引きSRは王異。その後立て続けにSR周姫、LE横山諸葛亮を
引いてしまい友人に殺意を抱かれる。
そしてSR神速趙雲、R挑発姜維、LE諸葛亮、C夏侯月姫、R関銀屏
の5枚八卦デッキがメインとなる。


2007年1月25日、Ver.2.1稼働。
友人数人と一緒に朝からゲーセン出陣。
しかし交通事情でゲーセンに肝心のカードが届いてなかったらしく
新カードゲットはならず。

日を改め出陣、R疾風大車輪趙雲と戦器をゲット。
SR神速趙雲と入れ替えめでたく槍単八卦になる。

かなり早い段階で野戦敬哀も手に入れていたけど
この時はまだ見向きもしていなかった。


5州で足踏み。魏蜀連合や野戦ダブルライダーなど
徐々に色んなデッキに手を出し始める。

ある日、隣の台にいた見ず知らずのお兄さんにデッキのアドバイスを受ける。
どんなアドバイスだったかは覚えていない。

それを元に作ったデッキが
R疾風趙雲、R剛槍馬超、R鮑三娘、SR孫尚香
今思うとヒドいデッキだが、趙雲馬超を突っ込ませて
息吹と援兵でひたすら回復させるだけで勝てる時代でした。

それまでの足踏みが嘘のように一気に11州まで昇格する。
初めて9連勝という記録を作ったのもこのデッキ。

当時3000円以上の買取価格だったSR麋夫人を2枚引く。
基本槍単で馬なんかまともに使えないのに
刹那の神速がやりたくなって麋夫人売ってSRトウ艾購入。


Ver.2.11稼働。
R鮑三娘が弱体化しデッキ変更を余儀なくされる。
三国志大戦3の情報もチラホラ出始め、
とにかく色んなデッキをやっていた記憶があります。

SR太史慈、R周泰、旧R孫権、UC韓当、旧SR大喬
何故かここで封印の舞いに目覚める。しかし舞うと負ける模様。
手腕乱れ撃ちと大喬・韓当の端攻めで大体勝ってました。

R弓呂布、UC高順、UC陳宮、SR蔡文姫、旧UC鄒
弓3馬1という西涼単。
一見ただの破滅陥陣営だけど誘惑の方が使う回数多かった。

SR孫策、R徐盛、R周泰、R小喬
大戦2の最後に使っていたデッキ。
進撃小華と見せかけてR徐盛の麻痺徒弓がメイン。
当時あまり評価高くなかったようだけど
このR徐盛にはいっぱい勝たせてもらいました。
2度目の9連勝で12州昇格、ここで三国志大戦2は終了。


三国志大戦3に続く。

三国志大戦TCGの宴 2014夏in東京

7/26に開催された「TCGの宴 2014夏in東京」に参加してきました。
カードショップ等の大会にも今まで出た事がなかったので
これが初の公式戦となりました。

デッキは大流星。
ずっと張姫敬哀入り蜀連撃デッキでやってましたが
アーケードでも使ってた大流星のロマンぶりにやられました。

午前の登竜門。
無事抽選通って1回戦。席座ったら相手おらず…不戦勝枠でした。
まさか公式戦初試合でいきなり不戦勝引き当てるとは
思ってませんでしたが、対戦がしたかったのでちょっと残念。

2回戦。覚醒呉デッキ相手に何もできず負け。大流星出なかった。
でも相手が丁寧な方でさほど緊張せずプレイできました。

その後ガンスリンガー(百人組み手)で4連敗。
ここまでの5戦で、デッキに3枚入れた「大流星の儀式」を
1枚も引けなかった試合が3戦。ひどい引きです。

15時くらいで帰るつもりでしたが結局午後の登竜門にもエントリー。
1回戦で魏デッキと当たりましたがまさかの勝利。

大喬出なくて青5で大流星発動したりとか、
相手の方には申し訳ないですが
あんなにうまくデッキが回ったのは
おそらく最初で最後じゃないかというレベルでした。

2回戦は8ターン目まで溜めたものの置き蜀に負け。


というわけで祝・公式戦初勝利と相成りました。
それ以外は全敗で最終戦績1勝6敗でしたが貴重な経験となりました。

PRもらってマットやボックスも買えて、とても楽しかったです。
誘ってくださったほっけ氏に感謝。
東京は次いつイベントあるか分かりませんが是非また参加したいです。

大流星デッキはやはり使う人が少ないのか、
今回の対戦相手にも大流星配備で驚いてた方が何人かおりました。
使ってるこっちとしてはそれが楽しいわけですが。

ググっても大流星デッキを真面目に考察してる記事は
ほとんど出てこないようなので、
もう少し対戦経験を重ねて大流星デッキブログでも
書けたらいいかな、と思っております。

ILLUST
イラスト置き場(準備中)
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索





  • ライブドアブログ